• 06-4860-6790
  • info@slconsulate-osaka.jp

スリランカ

スリランカ

「光り輝く島」という意味の名前を持つ国。
その自然の豊かさから「インド洋の真珠」とも、またその歴史の悲しさから「インド洋の涙」とも呼ばれています。
かつての国名「セイロン」の名を冠した芳醇な味わいの紅茶。
清涼な気候と眺望に恵まれた高原地帯。
色鮮やかな魚が戯れる群青の海。
さまざまな鳥や動物が棲む緑。
いにしえの栄華を想起させる遺跡。
人々の心を射止める宝石、そして、どこまでもあたたかい人々のもてなし。
北海道の約8割という国土の中に、自然、民族、文化が驚くほどの多様性を備えて混在しています。


【面積】
6万5,607平方キロメートル(北海道の約0.8倍)

【人口】
約2,103万人(2016年)

【首都】
スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ

【民族】
シンハラ人(74.9%),タミル人(15.3%),スリランカ・ムーア人(9.3%)(一部地域を除く値)

【言語】
公用語(シンハラ語,タミル語),連結語(英語)

【宗教】
仏教徒(70.1%),ヒンドゥ教徒(12.6%),イスラム教徒(9.7%),キリスト教徒(7.6%)(一部地域を除く値)

【通過】ルピー
1米ドル=152.33ルピー(2017年5月末値)

1ルピー=0.74円(2017年5月末値)

【内政】
スリランカでは,1983年以降25年以上に亘り,スリランカ北・東部を中心に居住する少数派タミル人の反政府武装勢力である「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」が,北・東部の分離独立を目指して活動し,政府側との間で内戦状態でありましたが,2009年5月に政府軍がLTTEを制圧し内戦が終結。
内戦終結後,ラージャパクサ大統領は任期を2年残し,大統領選挙の繰り上げ実施を決定。
2010年1月に大統領選挙が実施され,同大統領が再選。
その後,同年4月に総選挙が実施され,同大統領率いるスリランカ自由党(SLFP)を中核とする与党統一人民自由連合(UPFA)が過半数を大きく上回る144議席を獲得して,引き続き政権運営にあたることとなりました。
2010年11月,ラージャパクサ大統領は2期目の任期を開始。
2014年,再びラージャパクサ大統領は大統領選挙の繰り上げ実施を決定。
2015年1月に大統領選挙が実施され,前保健相でもあるシリセーナ野党統一候補がラージャパクサ大統領を破り当選。
シリセーナ大統領は,統一国民党(UNP)と政権樹立。
ウィクラマシンハUNP総裁が首相就任。
2015年8月 ,総選挙が実施されUNP勝利。
単独過半数には達さなかったが,第二党のスリランカ自由党(SLFP)と大連立形成。
ウィクラマシンハ首相再任。【外務省HPから抜粋】


 

2019consulate